数字で見る雇用の動き 平成9年版 - 労働省

数字で見る雇用の動き

Add: eguzisez35 - Date: 2020-12-03 01:36:34 - Views: 5417 - Clicks: 716

1ポイント上昇し、全年齢階級の中で最大の上昇幅 となっています。(図3、図4) なお、15~24歳の若年層の非正規雇用割合の上昇(正規雇用割合の低下)は、正規雇用が減少し、非正規雇用が増加した結果生じたものです。(表1) ここで、15~24歳の正規雇用の減少は、 1. 15歳以上人口のうち、就業せず、かつ何らかの理由で求職活動もしていない者(例:育児中のため、働きたいが、求職活動はしていない者など)を非労働力人口といいます。このうち、就業を希望する者は、年平均では350万人となっています(在学中の者は除く。)。 これを男女別にみると、男性の74万人に対し、女性は275万人と男性の4倍近くになっており、このうち38万人が正規の職を希望し、200万人が非正規の職を希望しています。 なお、非労働力人口の就業希望者で非正規雇用を希望する者は、350万人中229万人と約7割を占め、うち女性の有配偶者が173万人と約8割となっており、非労働力人口のうち、非正規雇用を希望する者は有配偶の女性に多いことが分かります。(図12) 図12 非労働力人口で就業希望の者が希望している雇用形態(年平均) これを年齢階級別にみると、非正規の職を希望する女性の非労働力人口は、35~44歳で71万人と最も多く、次いで25~34歳で50万人となっており、その多くが有配偶であることが分かります。(図13) 図13 女性の非労働力人口のうち非正規雇用を希望している者の年齢階級別人数(年平均). 若年層の高学歴化により、高校卒業後すぐに正規の職に就く者が減少したこと が主な要因として考えられます。 一方、15~24歳の非正規雇用の増加は、大学等の在学者が増加し、在学の傍らアルバイト等の非正規で働く者が増加したことが一因と考えられます(非正規雇用の増加95万人のうち、44万人が在学中の者の増加によるもの)。 表1 15~24歳階級の人口、正規・非正規雇用者数の比較(年-1990年). 年平均の非正規雇用者について男女、世帯主との続き柄(世帯主か、配偶者かなど)別にみると、男性は、非正規雇用630万人のうち、世帯主が309万人と約5割を占めているのに対し、女性は、非正規雇用1332万人のうち、配偶者が766万人と約6割を占めています。(図8) 図8 世帯主との続き柄別非正規雇用者数(年平均) これを図9で年齢階級別にみると、非正規雇用の男性については、世帯主309万人のうち、65歳以上が113万人と36. 年代初頭からの年金支給開始年齢引上げに伴う退職年齢の引上げ等により、非正規雇用者の割合が高い60歳以上の年齢層で働く必要が増大したこと などが要因としてあげられます。 一方、20~59歳については女性を中心に非正規雇用が増加しましたが、これは、 1.

9%)増加している。 自殺者数の長期的な推移をみると、厚生労 働省の人口動態統計(以下「人口動態」とい う。. (11/21時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:スウジ デ ミル コヨウ ノ ウゴキ コヨウ ドウコウ チョウサ ホウコク|著者名:厚生労働省|著者名カナ:コウセイ ロウドウショウ|発行者:国立印刷局|発行者カナ:コクリツインサツキヨク. 後で推移し、平成10年にはこれまでで最多の 9,850人となり、その後は13年を除いて9千 人台で推移しており、19年は9,615人で前年 に比べ273人(2. 20~59歳の非正規雇用者の約8割が女性であること(表3) 2. 0%を占めています。他の理由で非正規雇用に就いている者に比べ、転職等を希望する割合が2倍程度高く、いわゆる「不本意型」非正規雇用者と呼ばれる場合があります。 なお、「不本意型」非正規雇用者(331万人)の非正規総数に対する割合は18. 年7~9月期以降は、非正規雇用の増加が寄与し、正規・非正規雇用者の合計数が11四半期連続で増加 となっていることが分かります。 図7 男女別正規・非正規雇用者及びその合計の対前年同期増減. 3.雇用の状況 (1) 障害種別雇用状況.

使える! 統計講座(33)深瀬勝範 ふかせかつのり(社会保険労務士)労働経済の動きをつかみたいときには、厚生労働省「労働経済動向調査」を見るとよいでしょう。. 1%)に近い減少率となっており、 2. 07ポイント低下し、4か月連続で前の月を. 第3節 厚生労働省における. 15~19歳及び60歳以上の各年齢階級で正規雇用者の割合が相対的に低いこと が分かります。また、非正規雇用者の年齢階級別の割合は、図14を反転したもの(図15)です。図14・15をみると、年は年に比べ、各年齢階級で正規雇用の割合が低下し、非正規雇用の割合が上昇しています。 一方、図16は各年齢階級の人口が15歳以上人口に占める割合を示したもので、年は年に比べ、正規雇用者の割合の高い20~59歳の人口割合が低下し、非正規雇用者の割合が高い60歳以上の人口割合が上昇しています。特に、年では53~55歳だった「団塊の世代」(1947年~1949年生まれ)が、年に65歳以上に到達したことで、50~54歳の人口割合が低下しており、少子高齢化による人口構造の変化が、正規雇用者の減少と非正規雇用者の増加要因であることを示唆しています。 なお、40~44歳の人口割合が上昇しましたが、これは、年に28~31歳だった「団塊ジュニア」(1971年~1974年生まれ)が当該年齢に達したことが要因と考えられます。 図16 15歳以上人口に占める年齢階級別人口の割合. 労働大臣官房政策調査部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 また数字で見る雇用の動き〈平成10年版〉平成9年雇用動向調査報告もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 資料: 「常用労働者」:厚 生労働省「毎月勤 労統計調査」(平成 24年12月分)「身 体障害者」・「知的 障害者」:厚生労働 省「障害者雇用実 態調査」(平成20 年) 3.雇用の状況 (1)障害種別雇用状況.

すこととなった。平成の約30年は外国人労働者拡大の歴史であった。その30 年をいくつかのフェーズに分けて見ることができる。 (出所)法務省統計(平成24年以降は在留外国人統計(短期滞在等は含まず)、平成18~23 年以降、非正規雇用者数は60歳以上で一貫して増加しましたが、これは、 1. 図5及び図6は年以降の正規・非正規雇用者の推移を男女別に示したものです。正規雇用については、男性が多数(約7割)を占め、非正規雇用については、女性が多数(約7割)を占めています(男女別の実数は表3を参照)。 また、図7の棒グラフは、男女それぞれについて、正規・非正規雇用者の対前年同期増減を示したものです。折れ線グラフは、「正規・非正規雇用者の合計」の対前年同期増減を示し、これは、役員を除く雇用者全体の増減とほぼ一致します。 男性については、 1. 労働者の雇用形態、就業形態、職種、性、学歴、経験年数別等の平均の賃金、労働時間、年齢、勤続年数等や新規学卒者の初任給などを把握 することができる。 「就労条件総合調査(旧賃金労働時間制度等総合調査)」厚生労働省.

(-平成11年版 (平11))→厚生労働省大臣官房統計情報部 (平成12年版 (平12)-). 3) 専門業務型裁量労働制(h27. 第2部 主な厚生労働行政の動き 第1章. 6) 介護労働者の労働条件の確保・改善のポイント(h29. 7%を占めています。 図9 非正規雇用に就いた者の世帯主との続き柄、年齢階級別人数(年平均). 20~59歳の各年齢階級で正規雇用者の割合が相対的に高いこと 2.

全ての年齢階級で1990年より年、年よりも年で非正規雇用の割合が高く、 2. 厚生労働省は10月23日、「令和2年 版 厚生労働白書」を発表した。今年 のテーマは「令和時代の社会保障と働 き方を考える」。平成の30年間の社会 の変容と、年にかけての今後の 20年間の変化の見通しを踏まえ、今 回の新型コロナウイルス感染症の影響. 3) パートタイム労働者の適正な労働条件の確保のために(h29/2) 高校生等を使用する事業主の皆さんへ(r1. 女性の非労働力人口は、35~44歳を中心に、非正規雇用を希望する者が多いこと(図13) などが要因と考えられます。 <利用上の注意> 本稿で紹介した結果のうち、年以前の数値は各年2月の「労働力調査特別調査結果」、年以降の数値は総務省統計局「労働力調査詳細集計」の年平均値であり、両者の比較には注意を要する。. ワークシェアリング : 労働時間短縮と雇用、賃金 フォーマット: 図書 責任表示: 数字で見る雇用の動き 平成9年版 - 労働省 労働大臣官房政策調査部編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1990. 15歳以上人口は労働力人口と非労働力人口に区分され、正規・非正規雇用者数は労働力人口の内数となっているため、正規雇用者の減少要因を考える際は、正規雇用者数だけではなく、労働力人口と非労働力人口との関係についても留意が必要です。※ 表3は、年平均の就業状態別の15歳以上人口を年齢階級別に示したもので、 1. 0%を占める 2.

数字で見る雇用の動き : 雇用動向調査報告. 年の景気悪化時に男性ほど大きく雇用は減少せず、 2. 平成30年1月、モデル就業規則を改定し、労働者の遵守事項の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。 という規定を削除し、副業・兼業について規定を新設しました。. 厚生労働省は、7月9日の閣議で「平成30年版厚生労働白書」(平成29年度厚生労働行政年次報告)を報告しましたので、公表します。「厚生労働. (10/17時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:スウジ デ ミル コヨウ ノ ウゴキ コヨウ ドウコウ チョウサ ホウコク 1992|著者名:労働省|著者名カナ:ロウドウショウ|発行者:国立印刷局|発行者カナ:コクリツインサツキヨク|ページ数:417p. 1990年に881万人だった非正規雇用者数は、年に1962万人と2倍以上になりました。正規雇用者数は、1990年代半ば以降、ほとんどの年で減少し、一方、非正規雇用者数は、1994年及び年を除き増加しています。(図1、図2) 次に、非正規雇用者が正規・非正規雇用者の合計に占める割合をみると、1990年の20.

5年に1度は『日本の労使コミュニケーションの現状』として刊行 定価表示あり 責任表示変更: 労働大臣官房統計情報部→労働大臣官房政策調査部 (-平成11年版 (平11))→厚生労働省大臣官房統計情報部 (平成13年版 (平13)-). 2ポイント低い ことが分かります。 表3 就業状態別人口(年平均) また、表4は、労働力人口等について、年平均から年平均を引いた値を示したもので、20~59歳をみると、女性は非労働力人口の減少により、労働力人口の減少が人口の減少よりも大幅に緩和された一方、男性は、非労働力人口の増減幅が小さく、労働力人口が、人口の減少幅(351万人減)と同程度(344万人)減少しています。 ※ 人口は、概念上、労働力人口(就業者及び完全失業者)と非労働力人口(就業しておらず、求職活動もしていない者)の計に一致します。仮に人口が減少しても、非労働力人口から労働力人口へ人口が移動すれば、労働力人口の減少は緩和されます。こうした緩和効果は、非労働力人口が多い女性に見込まれ、非労働力人口が少ない男性については女性ほど見込まれません。 表4 労働力人口等の変化(年平均-年平均) さらに、20~59歳の男性の労働力人口に関して、表5において、年平均に対する年平均の増減率をみると、 1. 厚生労働省大臣官房統計情報部の「産業労働事情調査〈平成15年版〉―平成14年産業労働事情調査結果報告書」に関しての本の基本情報ページです。 産業労働事情調査〈平成15年版〉―平成14年産業労働事情調査結果報告書の内容・目次・出版社・発売日が掲載されています。.

10) 3月 平成4年のgnp前年を下回る 5月 サッカーjリーグ開幕: 1994: 平成6年 「レアメタル生産動態統計調査」の開始 : 1月 北米自由貿易協定(nafta)発効 5月 ユーロトンネルが開通 9月 関西国際空港開港: 1995: 平成7年. 7%と高いこと などが特徴となっています。 ※ 労働力人口のその他の構成要素については、以下の特徴があります。 1. 平成15年版厚生労働白書について紹介しています。. 【tsutaya オンラインショッピング】数字で見る雇用の動き 平成9年版/労働大臣官房政策調査部 tポイントが使える・貯まる.

1%であり、残りの約8割は、「自分の都合のよい時間に働きたいから」、「家計の補助・学費等を得たいから」などの理由で非正規雇用を選択しています。 表2 非正規雇用者が非正規の職に就いた理由(年平均). 4%へと2倍近く上昇しました。これを年齢階級別にみると、 1. 平成5年 : 平成不況(山1991. 付1 労働力調査の概要(PDF:180KB) 付2 用語の解説(PDF:281KB) 付3 標本抽出方法,結果の推定方法及び推定値の標本誤差(PDF:428KB) 付4 調査票様式(PDF:2,205KB) 付5 調査票の記入のしかた(PDF:1,252KB) 付6 労働力調査結果表一覧(PDF:176KB) 付7 労働力調査集計事項一覧(PDF:535KB) 付8 産業・職業分類表(PDF:571KB) 付9 労働力調査の平成22年における変更点(PDF:233KB) 付10 労働力調査等刊行物一覧(PDF:122KB). 自営業主については、雇用者に比べ中高年齢層の比重が高く、高齢化により減少率が高くなっています。 2. 【tsutaya オンラインショッピング】数字で見る雇用の動き 平成16年版/厚生労働省 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. 厚生労働省はこのほど、「平成30年版労働経済の分析」(労働経済白書)を公表した。「労働経済白書」は、雇用や賃金、労働時間、働き方などの現状や課題について、統計データを活用して分析した報告書。今回で70回目の公表となる。30年版は「働き方の多様化に応じた人材育成の在り方につい. 3) 企画業務型裁量労働制(h27.

図10は、年平均の完全失業者が探している仕事の雇用形態を男女別に示しています。男性は、完全失業者141万人のうち正規の職を探す者が85万人と非正規の職を探す者(40万人)よりも多く、女性は、完全失業者95万人のうち非正規の職を探す者が54万人と正規の職を探す者(35万人)よりも多くなっています。 図10 完全失業者が探している仕事の雇用形態(年平均) これを図11で年齢階級別にみると、正規の職を探している完全失業者は、男女共に比較的若年の25~34歳で最も多く、男性24万人、女性12万人となっています。 また、非正規の職を探している完全失業者は、男性は比較的年齢の高い55~64歳で13万人と最も多くなっています。女性は35~44歳で14万人と最も多く、うち9万人を「有配偶者」が占めています。 図11 完全失業者が探している仕事の雇用形態、年齢階級別人数(在学中の者は除く)(年平均). 5グラム未満(1日あたり、ナトリウムの食塩. 厚生労働省は9月20日、「平成27年版 働く女性の実情」を公表した。男女雇用機会均等法成立以後30年間で、m字型カーブの底の労働力率が20. 労働力調査に見る雇用環境の急速な悪化 まず総務省の労働力調査に目を向けます。08年9月に起きたリーマン・ショック、11年3月に起きた東日本大震災、20年1月に起きた新型コロナそれぞれが、雇用者数(季節調整済み)をどれくらい増減させたかを見てみましょう。. 6 内閣府男女共同参画局()「男女共同参画白書 平成23年版」 図表1 正規雇用者と非正規雇用者の 所定内給与額(年) 図表2 正規雇用者と非正規雇用者の比率 (1984年~年) (出所)厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」 より大和総研作成. 正規・非正規雇用者の増減の要因を考えるため、図14で正規雇用者の割合を年齢5歳階級別にみると、 1. 令和2年10月23日 厚生労働省より【令和2年 厚生労働白書】が公表されました。 (厚生労働省hpより 転載) 厚生労働省は、本日の閣議で「令和2年版厚生労働白書」(平成30年度および令和元年度厚生労働行政年次報告)を報告しましたので、公表します。.

労働市場への女性の参加が増加(非労働力人口から労働力人口へ人口が移動)したこと(表4) 3. リーマンショック後に景気が急激に悪化した年は、正規・非正規雇用共に減少し、雇用者全体(正規・非正規雇用者の合計)も減少 2. 年以降、正規雇用の減少幅が縮小傾向となり、また、非正規雇用が増加したことで、年4~6月期以降、正規・非正規雇用者の合計数が8四半期連続で増加 女性については、 1. 「団塊の世代」が、年以降、60歳以上に到達するなど人口構造の変化が生じたこと(図17) 2. 3 形態: 191p ; 21cm 著者名: 労働省大臣官房政策調査部 書誌ID: BNISBN:.

15~24歳の人口が減少したこと 2. 総務省トップ > 政策 > 白書 > 平成31年版地方財政白書(表紙) > 目次 画像に関するアクセシビリティ対応について 図やグラフなどの画像の内容の詳細については、総務省自治財政局財務調査課にお問い合わせください。. See full list on stat. 雇用形態別の雇用者数(=マクロ的な雇用ポートフォリオ)の推移をみると、平成9年(1997年)頃までは正規も非正規のどちらも増加していたものが、それ以降は正規が減少する一方で非正規が増加するという急激な非正規化の時期が続いたが、平成18年、19. 図17の棒グラフは、年以降の正規・非正規雇用者数の対前年増減を示し、折れ線グラフは人口の対前年増減を示しています。 人口については、高齢化を背景に20~59歳では一貫して減少し、60歳以上では一貫して増加しています。年から年にかけては、「団塊の世代」が60歳に到達したため、20~59歳人口が大幅に減少しています。 また、正規雇用者は、20~59歳において減少傾向で推移し、非正規雇用者は、60歳以上において一貫して増加しています。 図17 正規・非正規雇用者数及び人口の対前年増減 この正規・非正規雇用者の増減を男女別に示したものが図18で、20~59歳についてみると、正規雇用者の増減の大部分が男性の増減によるもので、非正規雇用者の増減の多くを女性の増減が占めていることが分かります。また、60歳以上についてみると、正規雇用者は、「団塊の世代」が60歳に到達した年~年に男性を中心に増加し、非正規雇用者は、年以降、男女共に増加しています。 図18 男女別正規・非正規雇用者数の対前年増減.

表2は、年平均の非正規雇用者が非正規の職に就いた理由別人数を示しています。 「正規の職員・従業員の仕事がないから」非正規の職に就いている者は331万人で、そのうち転職又は追加の仕事を希望する転職等希望者が159万人と48. 厚生労働省大臣官房統計情報部『数字で見る雇用の動き―平成15年雇用動向調査報告』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

数字で見る雇用の動き 平成9年版 - 労働省

email: ujoropa@gmail.com - phone:(864) 213-5760 x 3113

沖縄 どっぷりウチナー体感 - 実業之日本社 - 川と湖沼の侵略者ブラックバス 日本魚類学会自然保護委員会

-> 第2種情報処理技術者試験スーパー解法テクニック - 野々山隆幸
-> プロジェクトX挑戦者たち<コミック版> 日米逆転!コンビニを作った素人たち<新装 - 木村直巳

数字で見る雇用の動き 平成9年版 - 労働省 - 世界の推理小説


Sitemap 1

視写の教育 シリーズ「大学の授業実践」3 - 池田久美子 - 榊原秀訓 地方自治の危機と法